« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_21

こんにちは、ピカです。
最後は源氏池。源氏池は蓮の葉で覆われており、池一面が蓮の葉でした。
Img_0048 蓮で覆われた源氏池。蓮の葉も大きくこれから夏にかけて花を咲かせることでしょう。
大きな蓮の花が咲くのを今から楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_21

こんにちは、ピカです。
次は八幡様。大イチョウは姿を消していましたが、八幡宮は健在といったところでしょうか。
Img_0029 八幡様の中に入り、参拝して階段を下りてきましたが、少しばかり太陽の日差しが強かった印象を受けました。
今日は夏至。まさに夏の始まりを感じた八幡宮でした。
お願い事もしてきましたし、気分も爽やかというところでしょうか。
今の時期も結構鎌倉を楽しめますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_21

こんにちは、ピカです。
Img_0006_2 今日は久しぶりに鎌倉へ行ってきました。
鎌倉にいた時間は少なかったですが、寿福寺・八幡様・源氏池と回ってきました。
寿福寺は緑かかった草木が参道を覆い茂っていました。
葉と葉の間から覗き込む太陽の光がまぶしかったです。
ちょっと静かな散歩道と言ったところでしょうか?
気分もすっきりしたような気が致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_14

こんにちは、ピカです。
外は雨。鎌倉もきっと雨かと思います。それに近所の紫陽花が咲き始めました。
青やピンクの色をした紫陽花。これが開花し、満開になればさぞや綺麗な事と思います。
6月も中旬に入りました。紫陽花の季節かやってきたかと思います。
鎌倉の紫陽花を楽しみにしている皆さん。是非紫陽花を見に鎌倉まで行きましょう。
当然、ピカも鎌倉の紫陽花を見に行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_11

こんにちは、ピカです。
今日は夜の鎌倉をご紹介したいと思います。
Img_0004 夜の鎌倉は電灯と信号の光とが混じり合ったような光景でした。
第二鳥居前の交差点の写真を撮ってきましたが、あたり一面静けさがましていました。
夜更けの鎌倉は静かながらも、鎌倉の雰囲気を出していたような気がします。
人や車の通行が少ない夜の鎌倉を久しぶりに味わった気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_10

こんにちは、ピカです。
悲しいかな大銀杏。
鎌倉の鶴岡八幡宮にある大銀杏が倒れ、県の天然記念物の指定を解除する記事が新聞に記載されておりました(2010年6月9日)。
1955年に記念物と指定された大銀杏が「巨樹」の姿を消し、記念物の価値はなくなったという。
されど、ピカの中では鎌倉の大銀杏の思い出が大きく残っており、今でもその巨樹の姿を残しています。
県指定の天然記念物が解除されても、大銀杏の思い出までは解除されませんね。
心に残る鎌倉の大銀杏。皆さんの心の中にでも残っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_08

こんにちは、ピカです。
今日は生憎の雨でした。鎌倉もきっと雨かと思います。
「鎌倉の紫陽花」。いい響きですね。鎌倉を訪れるようになって数年経ちますが、
紫陽花は毎年の如く見に行っています。前回は成就寺の紫陽花を記載しましたが、
今回は明月院の紫陽花の事を書きたいと思います。
明月院は境内全体に紫陽花の花が咲きます。時にはその紫陽花を見るがために門前に列をなすこともあります。
しかし、見て損はない明月院の紫陽花。色とりどりの紫陽花が人気は目立つ境内です。
今年ももうそこまで紫陽花の季節がやってこようとしています。
早く鎌倉の紫陽花が見たいですね^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカの鎌倉訪問日記   2010_06_05

こんにちは、ピカです。
もう、あっと言う間に6月に入りました。鎌倉の梅雨の時期は紫陽花。
明月院や成就院、長谷寺など紫陽花の咲く名所が数多くあり、気持ちも和やかにしてくれるでしょう。
今日は晴天に恵まれておりますが、梅雨の鎌倉もひと際紫陽花を楽しむには良い時期かと思います。
ピカは成就院の紫陽花が好きで毎年成就院に行っております。
紫陽花も色とりどりと心を和ます一面もあり、今から紫陽花を見るのを期待しております。
楽しみですねぇ。鎌倉の紫陽花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »